検索
  • manyousya

【歳時記】小寒


冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也。 -暦便覧

新春の候、1月5日。

小寒を迎えました。

静かに落ち着いた寒さの中、仕事始めとなりました。

とはいえ天気は例年よりも暖かく、過ごしやすさを感じています。

雪がはらはらと舞い降りる、美しい京都の冬です。

お正月飾り「根曳の松」を見ることもちらほら。

節句を通して日々を楽しむ人々の姿は、

日本文化の持つ内面の豊かさを表しているように思います。

来る1月7日は人日の節句。

今年も、温かく優しい一年となりますように。

「新しき 年の初めに豊のとし しるすとならし雪の降れるは」

- 葛井連諸会(万葉集)


21回の閲覧